セルミーはミトコンドリアを活性化する?

そもそもミトコンドリアとは?

口コミで話題のセルミーですが、今回はミトコンドリアに注目です!!!


もそもミトコンドリアとは、そのままでは利用できない【栄養のもと】を人間のからだが利用できるようにする役割をもっています。


人間のからだが、そのままでは利用できない【栄養のもと】を利用できるようにすることから、『ミトコンドリアはエネルギーを生み出す』と言われています。


今回はそんな【ミトコンドリア】について少し詳しく調べたいと思います。


そんな、ミトコンドリアですが、英語表記だと、【 mitochondrion 】となります。


これが複数形になると、【 mitochondria 】つまり、ミトコンドリアとなります。









ミトコンドリアって、複数形なんですね♪なんだか中学生の時の英語の勉強みたいです。








そんなミトコンドリアですけど人間の体の中のどこにいるのでいるんでしょうか?









じつは細胞のなかに存在しているんです。

ふだんは、細胞の中にいて栄養のもとを人間のからだが利用できるようにがんばって働いているんです。








わたしたちが食事をするとその中の主なエネルギーの源である『糖質』は『グルコース』といわれる物質になります。


ところがこの『グルコース』のままではわたしたちはエネルギーとしては利用できません。









ここで人間のからだが利用できるようにする役割をもっている【ミトコンドリア】の出番となるのです。








ミトコンドリアの役割は、このグルコースをエネルギーとしてわたしたち人間が利用できるかたちに変化させます。


グルコースがエネルギーとして人間が利用できる形である『ATP』となります。


この『ATP』は『アデノシン三リン酸』ともいわれています。


このように、人間が利用できる形である『ATP』(『アデノシン三リン酸』)といわれるものに変化させることのできるミトコンドリアの働きを活性化させるのがセルミーなのです。


ミトコンドリアは妊活にも役立つ

ミトコンドリアは、35歳をすぎて、妊活力がおちてきた人にも役立つといわれています。


だから妊活中の人たちにもそのミトコンドリアの働きを活性化するものとしてセルミーの人気があります。


『不妊治療にかかるかたの90%くらいの方の原因は卵子や精子に元気がない』といわれています。


なので、『卵子や精子を元気にしたい!』と思う方が、まずミトコンドリアを活性化しようとするのです。





35歳くらいを境に、妊活力が低下するといわれています。


じつは、妊活力にかぎらず多くの子育て中のママさんたちが感じている疲れというのが、じつは、このミトコンドリアの数の減少や、ミトコンドリア自身の働き減少によります。


アンチエイジングって、見た目の若返りばかりに注目があつまりがちですが、じつは、分子レベルというとても、小さな単位に対しても、働きかけをしていかないと、本当の意味での若返りにはつながらないのです。

ミトコンドリアを増やすには?

さて、妊活にも役立つミトコンドリアということがわかりましたが、ミトコンドリアを増やすにはどうしたらいいのでしょうか。


大きく分けて3つあります。


1.運動

2.食事制限

3.サプリ



1の運動はおもに、ちょっと散歩するとかウォーキングするとか適度な運動をさします。そして、2の食事制限は、お腹を減らすイメージです。


ミトコンドリアは、『適度な運動』や、『空腹』により活性化するようになっているのです。


ですから、その反対の『運動不足』や、『過食』はミトコンドリアの減少につながってしまうのです。





もし心当たりがあるのであれば、さっそく運動やちょっとした食事制限をしてみるといいでしょう。ただ、こうしたことはなかなか続きませんよね。


そこででてくるのがセルミーです。


運動や食事制限というのは、なんなかつづきません。だからこうした飲むだけで、ミトコンドリアを増やしたり活性化できるサプリが今人気なのです♪

ミトコンドリアとアンチエイジング?

【化粧の化けの皮がはがれる!】


なんていいますが、アンチエイジングも表面的なことだけで、ごまかしていても、いつかは、実年齢の肌や見かけへといたってしまうのです。


では、どうしたらいいのでしょう。。。


その解決策となるのが、分子レベルでの【活性化】なのです。


そして、その分子レベルの【活性化】が、つまり【ミトコンドリアの活性化】となります。


ミトコンドリアの活性化には、栄養素としては、ビタミンB群、そして、活性化には、コエンザイムQ10や、α-リポ酸が役に立ちます。


こうした、コエンザイムQ10や、α-リポ酸の活躍というのは、すぐには、外見上の変化にはでてきません。


しかし、2,3か月と継続していると、分子レベル、つまり、お風呂のなかにつまった米粒ひと粒ひと粒とイメージしてもらえばいいと思いますが、そのひと粒ひと粒が、徐々に活性化してくるわけです。


そして、気づくと、全体が活性化しているということになるのです。


セルミーを2,3か月と継続した方が、その変化を実感できることが多いのはこのためです。


「育児でつかれたなぁ・・・」


そんなことをよく思うようになったり、自覚することが多くなってきた人におすすめです。





私自身、それほど期待していなかったのですが、いまでは手放せません♪



↓↓ 公式サイトで【初回無料】キャンペーン中♪ ↓↓





>>トップページに戻る

 

サイトマップ