『つむじが広い』とか、『前髪の分け目』が気になってきたらやりたいこと。

『つむじ・分け目』の悩みの原因とは?


『つむじが広い』とか、『前髪の分け目』が気になってきたとしたら、もしかしたら体の機能が衰え始めていることが原因かもしれません。





髪の毛というのは、男性ではもちろんですが女性でも年齢を重ねていくとやはりその影響があらわれやすいところであります。


女性の場合、『つむじが広い』とか、『前髪の分け目』が気になるのと同時に『疲れやすくなった』とか、『なんだか元気ない。』っていう症状が同時に現れることもあります。


これは、まさに、加齢によるエネルギーの源であるミトコンドリアとよばれる元気の源が減少している可能性があります。仕事上では、元気を全面に出していても、実は家に帰ると『ぐったり』


そんな方は、対策をしていくことをおすすめします!





ミトコンドリアとは、人間が生命活動を維持していくためにとても重要な役割をしている細胞内の小器官です。


人の体は、60兆個といわれる膨大な数の細胞からできていて、そのほぼすべての細胞のなかに、ミトコンドリアが存在しています。


しかし、加齢や運動不足、そしてストレスなどによりこのミトコンドリアが減少してしまいます。


その結果、『疲れやすくなった』とか『元気がでない』そして、『つむじが広くなった』とか、『前髪の分け目が気になりだした。。。』といったことにつながるのです。





このいわゆる加齢の兆候である、抜け毛や、からだの疲れといった、種々のことをふせぐには、ミトコンドリアを増殖し、活性化する働きを持つオレアノール酸を摂取することが役立つといわれています。


そして、そのオレアノール酸を多く含むサプリとして今人気なのが、【セルミー】です。


セルミーのオレアノール酸とは?


ブドウのまわりに、白い粉がついているのをみたことはないでしょうか?


じつは、この白い粉。ブルームとよばれるものでよく農薬やカビと勘違いされてしまうのですが、じつはブドウの鮮度を保つ重要な役割をしています。


このブルームの主要な成分が【オレアノール酸】です。





オレアノール酸は、ブドウの病気を予防し、なおかつ鮮度を保つ働きをしています。そして、同じように、人間に対しても、元気をださせてくれたり、抜け毛を防いでくれたりするのです♪



胃腸系にも効くオレアノール酸


実は、このオレアノール酸、梅干しにも含まれ胃を健康な状態にしてくれたり、腸の調子をととのえてくれたりする作用があるといわれます。





もともと、しそにもオレアノール酸が含まれるためこうした胃腸系にも優しくなっています。


そういえば、子供のころ梅干しをたべると、胃が落ち着いた覚えがあります。


自然とこどものころから、おばぁちゃんや、親の昔からの知恵で、胃腸がおかしいときには、自然と梅干を食べていましたが、じつは、しそにふくまれるオレアノール酸のおかげだったのです♪


髪の毛関連


オレアノール酸が、つむじが気になってきた人や、前髪の分け目が気になってきたひとにも役立つとのことでした。





実際に、オレアノール酸は抜け毛を防止する役割もあるとされます。なので実際、男性用の育毛剤などをみると、オレアノール酸が配合されているものもあります。


そもそもが、オレアノール酸が人間の活動の源であるミトコンドリアを増殖したり、活性化させるという役割があるからこそ、こうした髪の毛などの効果にもあらわれているのだとおもいます。


人間ならアンチエイジング。ワインなら酸化防止。


ワインって、〇〇年ものといわれるものがありますが、長期保存にあたり品質に問題はないのでしょうか?ってよく思います。そうしたときに実は活躍しているのがオレアノール酸。





ブドウにふくまれているオレアノール酸や、リンゴ酸、乳酸、タンニンなどにより酸化をふせぎ、結果として商品の劣化を防いでいます。


ワインの酸化防止とおなじく人間の酸化防止にも役立ってくれているんですね。人間もワインもやはり酸化してしまうと、みずみずしさが失われてしまうからこうした酸化防止の役割というのも重要になるのでしょう。


>>セルミーの口コミに戻る

 

サイトマップ